神戸、大阪、京都、結婚式ビデオ撮影 神戸、大阪、京都、結婚式ビデオ撮影サンプル
お問合わせお申込み結婚式ビデオ撮影ブログ

えにしみらいについて

代表取締役

結婚式カメラマン1

山本 聖 (やまもと さとし)

 
大学在学中に自主制作映画を4作品制作し、12の映画祭で評価して頂きました。 
卒業後は映像制作会社でカメラをしたり、ABC 朝日放送や松竹京都撮影所で

ドラマの助監督をさせて頂きました。


お式当日は、新郎新婦様とのコミュニケーションを大切にし

お二人の自然な表情を撮影できるよう心がけております。

 

一生の宝物になるDVDをお届けできるよう頑張ります!

 

えにしみらい事務所写真  えにしみらい事務所写真  西宮映像外観

えにしみらい名前の由来

えにしみらい名前の由来説明文

既撮影結婚式式場

【兵庫県】 【大阪府】 【京都府】  

アニヴェルセル神戸

ア・ラ・モードパレ&ザ・リゾート

北野クラブ ソラ

神戸北野クラブレストラン

神戸北野 ル・ヴァンヴェール

神戸迎賓館須磨離宮

神戸ベイシェラトン

神仙閣

蘇州園

宝塚ホテル

多田神社

ベルクラシック神戸

ホテルプラザ神戸

神戸メリケンパークオリエンタルホテル

ラヴィマーナ神戸

ラ・メゾン Suite

ルミナス神戸2

カトリック神戸中央教会

弓弦羽神社

セトレ舞子

ブルーミンメドー

ホテル日航姫路

松原八幡神社

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アスタープレイス

アニヴェルセル江坂

アニヴェルセル大阪

アーセンティア迎賓館

アーセンティア大使館

大阪ハービスENT

大阪マリオット都ホテル

オペラドメーヌ

セントグレースヴィラ

フリジョリオ

新阪急ホテル

千里阪急ホテル

堂島ホテル

太閤園

ザ・ガーデンコート なんばパークス

パレス愛 新大阪

ベルクラシック空港

ホテル・アゴーラ大阪守口

ラグナヴェール大阪

リーガロイヤルホテル

リッツカールトン大阪

音羽山荘

リストランテ・サリーレ

ベルクラシック大阪

アートグレイス・ウエディングコースト

メルパルク大阪

ザ・グランドティアラ大阪

アールベルアンジェ堺

アルモニーアンブラッセ ウェディングホテル

ラ・フェットひらまつ

ル・センティフォーリア 天保山

隠れ家リゾートダイニング

ホテル大阪ベイタワー

 

 

知恩院

上賀茂神社

下鴨神社

吉田神社

八坂神社

ハイアットリージェンシー京都

京都ホテルオークラ

ザ ソウドウ 東山

京都センチュリーホテル

カールトンテラス

京都ロイヤルホテル&スパ

パビリオンコート

ホテルグランヴィア京都

ウェスティン都ホテル京都

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

弊社が選ばれる理由

私たちは結婚式ビデオ撮影を「映画」を制作するというコンセプトで撮影しております。

 

映像をしているものとしては欠かせないカメラやレンズ、ステディカム、ミニレールなどの機材も

最先端のものを投資し、日々お客様により良いものをご提供できるよう頑張っております。

 

下記の大判センサーカメラと従来の業務用カメラの撮影映像の違いをご覧ください。

一眼レフや大判センサーカメラは、業務用カメラと違い、重厚感のあるとても雰囲気のある映像に

仕上がります。

大判センサーカメラや大判センサーを搭載したデジタル一眼レフを利用することで、映画のように

ボケ味を生かした、色も芳醇で奥行感のある 印象的な質の高い映像表現ができるようになりました。

 

また、海外の結婚式ではデジタル一眼レフや大判センサーカメラでの撮影が常識となっております。

大判センサーカメラと業務用カメラの映像の違い

   結婚式ビデオ撮影比較映像
    画像をクリックして頂くと映像がご覧になれます。
    ※色調補正等はしておりません。撮影オリジナルデータです。

そのため私たちは日々、海外の映像を見て研究しています。

またネットを通じて海外の記事を読み、情報を取り入れているため最先端の映像をご提供いたします!

 

これがお客様が選んでくださる理由だと思います。

 

 

神戸、大阪、京都結婚式ビデオ撮影出張いたします

映画のように残す

映画っぽさとは何なんでしょうか?どうして家庭用のビデオカメラでは表現できないのでしょうか?
それはイメージセンサーの大きさに秘密があります。映画で使うフイルムはかなり大きな面積を持っています。
そこで登場するのが映画撮影に使われるフイルムSuper 35に非常に近い面積のイメージセンサーを搭載した大判センサーカメラや
APS-Cサイズのデジタル一眼レフカメラです。
大判センサーカメラや大判センサーを搭載したデジタル一眼レフを利用することで、映画のようにボケ味を生かした、色も芳醇で奥行感のある
印象的な質の高い映像表現ができるようになりました。また、ステディカム、スライダーなど映画制作の現場で使う特殊な機材を使用し
よりダイナミックな臨場感にあふれる映像となります。

大判センサーカメラとは?

センサーとはイメージセンサーのことで、レンズから入ってきた光を
電気信号に変換するカメラ内部の電子部品のことです。
従来の業務用ビデオカメラと違い、このイメージセンサーが大判のものを
大判センサーカメラといいます。

右図のSuper35mmサイズのカメラのことです。
大判センサーカメラは高感度(暗いところでの撮影に有利)・低ノイズと
高画質・高解像度を実現できます。
センサーの面積が大きいと被写界深度が浅くなります。
被写界深度が浅いと言う事は、フォーカスの合っている部分がはっきりと
見え、他の部分はぼやけます。
これを人は美しいと感じ、映画でももちろんそのテクニックを多用します。
映画ではボカシという手法をよく使いますが、演出的な狙いで
背景をぼかすことで見せたいものを鮮明にすることができます。
小さなセンサーのビデオカメラではこの表現が困難です。
そして多くの業務用ビデオカメラもこの1/3インチという小さなセンサーを
使っているので、映画的な表現には不向きなのです。
右の図は、様々な種類のセンサーと大きさの比較をしたものです。
大判センサーカメラは、デジタルシネマカメラや
映画用フィルムでメジャーなSuper 35mmサイズという
従来のビデオカメラと比較して非常に大きなセンサーを搭載し
美しい映像を実現します。

イメージセンサーの比較

イメージセンサーの図
上へ戻る

えにしみらいは西宮映像が運営する結婚式専門サイトです。
http://n-film.net/


Copyright © 2011 ENISHIMIRAI. All Rights Reserved.